樹液系男子たまるの檜原ライフ

2012年5月 4日 (金)

やってます! 今年も、“タマファーム”。

昨年、春の暖かさの到来と共にはじめた“タマファーム”が、今年も少しずつ動き出しました!笑

僕、田丸は檜原村に居を構えた2年目の春に畑を拵えました。家の前の手ごろなスペースを見つけ、土を耕し小さく作った自給スペースが“タマファーム”です。

そして、暖かさが日増しに増す今春も、植え付け計画で休日は予定が一杯です(゚ー゚)

Img_5718

↑ 春の“タマファーム”

暖かくなると、庭の雑草たちも一気に成長していきます。モコモコっと。畑は1m×3m程の小さなスペースです。写真右列に植わっているのは、2週間前に捲いたカブの芽。

Img_5717

↑ カブの芽。ここから間引いて、収穫まで育てていきます。

あっ、あと“タマファーム”以外にも収穫の場所がこの庭にはあるんです。実は…

Img_5748

↑ 庭の一角に目をやると…

そう、フキがまとまって自生していました。少し湿って日当たりの程よい場所にまとまって生えています。こうなったら、もう食べるしかありませんよね!笑

Img_5751

↑ 今日のおかずのフキ。庭で収穫です!

少し細くて、煮込んでしまうとほんの少しになってしまいますが、おいしい春の山菜です(゚ー゚)

…って、皆さんここは東京ですよ~(笑)

さーて、今年の“タマファーム”では、何を作ろうかな?!

担当:田丸光起

2012年4月11日 (水)

檜原村で新年度を迎えるにあたって!

新年度がやってきました!気づけば、極寒だった真冬の仕事もひと段落ついて、暖かい日が増えてきましたね(゚ー゚)

とは言っても、東京の秘境であるここ檜原村の開花予想は、都心と大きくズレが生じていますが(笑)

Img_5609

↑ まだまだ、蕾の開かない桜

と、田丸の檜原村ライフは、なんだかんだで3年目を迎えることになります。

1年目は、右も左も分からず、この村に飛び込んできて、毎日クタクタになりながら林業のイロハを体に叩き込む毎日。2年目は、少し仕事にも慣れてきて、自分の身の回りで畑(タマファーム)をやってみたり、干し柿を作ってみたりと、村ライフを少し楽しむ余裕ができてきました。

…そして、3年目。…ついに、僕は禁断の扉を叩くことに。

そう、檜原村消防団への入隊!!

「消防団は飲みが凄いぞ。」とか、「仕事の後の消防訓練は大変だぞ。」とか。いろいろ入隊に踏み込めない理由はありましたが、“一見は百聞に如かず!” 新年度という事もあって、入隊してみました(軽いノリじゃないですよ)!

少し不安もありますが、きっと檜原ライフを語るうえで、欠かせないポイントになるであろう事、間違えなし!

Ncm_0018

↑ 僕の入隊した檜原村消防団第3分団第2部のポンプ車

早速、消防団の方たちと顔合わせという事で、今週の日曜にあるお囃子に呼ばれました。

…きっと、飲むんだろうな~(笑)

担当:田丸光起

2011年9月27日 (火)

マタタビ酒

台風一過で、すっかり秋の様子ですね(゚ー゚)

現場で見つけたマタタビ。

早速、焼酎でつけてみました!

Img_4478

↑ 準備したのは。マタタビと果実酒用焼酎、氷砂糖。

ところで、“マタタビ”という名の由来は、昔旅人が疲れを取るために、マタタビを服用することで「また、旅に出られる」程元気になれるからだとか、アイヌ語がその由来だとかという説があるようです。

いずれにせよ、滋養強壮の効果は間違いないようです(゚ー゚)

Img_4492

↑ マタタビと氷砂糖をビンに入れて、焼酎を注ぎ入れます。

今回は、焼酎900ml、マタタビ100g、氷砂糖20gの比率でつけてみました。

Img_4496

↑ つけたばかりのマタタビ酒。

4か月ほど寝かせます。

さて、どんなお酒になるでしょうか?

なんだか、漢方のようなお酒になるような気がしますね(゚ー゚;

担当:田丸光起

2011年9月13日 (火)

秋の足音…

カッ!と、暑かった夏も最後の悪あがきをしていますが、檜原では朝夕はもう秋の様相です。

昨日は“中秋の名月”。

皆さんは、お月見しましたか?

Ncm_0293

↑ 檜原から見た、真ん丸お月様

檜原には街灯が少なく、民家の明かりもないので、夜道に自分の影が月の光でできる程。

月がこんなにも明るいことを、檜原村に住んでいると気づかされます。

そして、山では夏の主役が少しづつ勢いをなくし、そろそろ秋だと感じさせられます。

Ncm_0280

さぁ、伐採の季節がやってくるぞ~。

担当:田丸光起

2011年8月23日 (火)

秋の訪れ

今年の夏も、暑い日が続きましたね(゚ー゚;

近頃、檜原村は朝夕の気温がとても涼しく過ごしやすい日が多くなってきました。

とある夜。耳を澄ますと…聞こえてくる涼しげな音色。

リ~ン リ~ン リ~ン。

カチャカチャカチャ。

ジーチョンッ ジーチョンッ。

秋を感じさせてくれる虫たちが、家の外の草むらから心地よい音色。

…しかし、じっとしていられず正体を見つけようと、ライトとカメラを片手に夜の散歩に出かけました(゚ー゚)

Img_4121

↑ 音のする方向を頼りに音の主を探します。心は小学生ですね(笑)

相手も、近づくと警戒して鳴くのをやめます。そーっと、近づいて石垣の間を覗き込みます。

Img_4117

↑ わかりますか?石の隙間にコオロギがいるのが。

そして、草むらかも…

Img_4129

↑ セスジツユムシ 「チッチッチッー」と鳴きます。

緑の葉っぱに紛れた、小さな虫。秋の虫は“かくれんぼ”がお上手です(笑)

童心に帰った檜原の夜、大人になっても忘れたくないワクワクと出会ったひと時でした。

担当:田丸光起

2011年7月14日 (木)

檜原村のお盆

お盆といえば、一般的には8月ですが、檜原村では7月13日から16日がお盆の期間だそうです。

僕の、実家の広島とは、いくつか異なる習慣もあるようです(゚ー゚)

まず、13日には迎え火と言って家の軒先で麦の稲穂を燃やすそうです。

Img_3724

↑ これが、「麦」で軒先で燃やします。

要は、祖先の魂が家に迷わずに帰ってこれる為の目印ですね(゚ー゚)

そして、祖先の魂が家までたどり着くための「馬」もこしらえます。

Img_3721

↑ キュウリやナスで、馬をこしらえます。向かいの古川のおじいさんが馬を作っている様子です。

これに、乗って家まで魂が帰ってくるんです(゚ー゚)

そして、14日と15日はご先祖様にお線香をお供えします。

Img_3719

↑ お供えの説明をしてくださった古川のおじいさん。

また、15日には“津島講”という厄払いのような獅子の舞をして、近所を練り歩きます。去年初めて見た僕にはまるでお祭りの様でした。笑

昔は、“津島講”で麦と繭を入札に出して、得られたお金で、集落の共益林の管理もしていたようです。

そして16日は、また軒先で送り火を燃やして、祖先をお送りするそうです。祖先の乗った「馬」は秋川にの清流に流します。

蛍舞うこの季節、檜原村の伝統的で幻想的な風習に、遠い広島の故郷の景色をほんの少し思い出していました。

ここ檜原村でも、祖先を尊ぶ気持ちは、何ら変わりはないんですね。

担当:田丸光起

2011年6月20日 (月)

緑のカーテン

ゴーヤの苗を先日GETしました(゚ー゚)

節電志向な世の中なので、早速そのゴーヤを育てることにしました(檜原は夏でもエアコンいらずの場所なんですが…)。

でも、ただ市販のネットを買ってきて育てるのも味気ないので、竹を格子状に組んでみました(゚ー゚)

Img_3405

↑ 材料は駐車場裏で確保。

Img_3408

↑ イメージとしてはこんな感じです。

これを~…

Img_3410

↑ せっせ、せっせと麻ひもで結束します。

すると~…

Img_3414

↑ こんな具合で、竹で作った格子状のネット代用品の完成です!!

意外とうまく作れましたよ(゚ー゚)

さぁ、ゴーヤのツルがうまく巻いてくれるでしょうか?

ドキドキ・ワクワクの観察が、今後続く予定で~す(゚ー゚)

こうご期待!

担当:たまる

2011年6月 5日 (日)

梅雨の晴れ間に。

さあ、「チェンソーズon the hill」からの続編、“樹液系男子たまるの檜原ライフ”のご紹介です!

今日は、仕事が休みで梅雨に入った東京の貴重な晴れ間ということで、タマファームに新たな野菜の植え付けをしました(゚ー゚)

Img_3331

↑ 新たに植えたオクラの苗。

そう、新たに“オクラ”を植えました!このオクラ、原産地はアフリカの熱帯地方だそうです。なんでもハイビスカスの仲間とのこと。寒さに弱いので、ほかの苗よりは、少し遅く植え付けしました。

後ろに見えているのは、大きくなったコカブです。「食べてくれ」と、言わんばかりに土から、白いカブの根が見えています。これぞ、コカブのチラリズムですね(笑)

そのほかにも、種から発芽させたバジルもプランターに移して育てることにしました。

Img_3334

↑ バジルたち。

まだまだ、小さいですが、今後の成長が楽しみです!

オクラは夏場に酢の物や、そうめんの薬味に使いたいですね!バジルはもちろんパスタに!

てな感じで、タマファームも今年の植え付けは終盤を迎えています。

担当:たまる

フォト

「若者だけの林業会社、奮闘ドキュメント 今日も森にいます。東京チェンソーズ」(徳間書店)

無料ブログはココログ