ちょっと知りたい山の仕事

2012年5月29日 (火)

木登り男子。

今回ご紹介するのは、枝打ちという作業。今、回行っている“枝打ち”とは、スギやヒノキの枝をノコギリや小型のチェンソーで落としていく作業です。

今の時期、木は水を地面から吸い上げ初めているので、枝打ちの適期とは言えませんが、道路から近く景観的な見栄えも重視しているという事もありますので、ご理解を(゚ー゚)

と、現場は奥多摩の日原。

Img_5846

↑ メンバーでこれから、作業する山の状態を確認

ご覧の通り、道路からも近く、木の高さも平均して20m位はありそうです。

“枝打ち”といっても、枝はある程度木を登った、高い位置に生えています。なので、そこまで専用の機具を使って木の上に登っていきます。

高さにして15m位だと思います。ビルで言うと4階くらいの高さでしょうか。。。

Imgp0075

↑ 人が2人います(分かりますか?)

木の上で作業していると、こんな感じです。

高いところが、苦手な方はヒヤヒヤすると思いますが、高くなればなるほど、木は細くなり揺れも大きくなります(゚ー゚;

そして、ここまで来てやっと作業を開始します。…そう、ここで刃物の登場です。

Imgp0081

↑ 小型のチェンソー(通称こがる)

もちろん、安全に作業を行う為の安全機具は装着していますが、鋭い刃物を体の近くで扱うので、油断は禁物!

一本一本、丁寧かつ安全に、枝を切り落としていきます。

…「高い木に登る男性は好きですか?」って、基本的に誰にも見られないのですが(笑)

今日も、安全第一で作業に励みます!!

担当:田丸光起

2012年4月 2日 (月)

ヒノキの植栽。

4月です!心新たに新年度がやってきました。

僕も3年目に突入し、これからは、今までの経験やスキルを現場で今まで以上に発揮できる年にしたと思っています!

そして、新年度一発目の仕事は、ヒノキの植栽。

今まで、間伐や下刈りは経験してきましたが、ヒノキのなどの針葉樹の植え付けは初めてでした。

伐採跡地に、次世代の木を植えるとても大切な仕事です…その模様を今回ご紹介します(゚ー゚)

Img_5589

↑ ヒノキの苗木、約1500本

ヒノキの苗木といっても、苗木はやっぱり小さくて、50cm位の大きさなんです。なかなか、この状態の木を見る機会はないと思います。

上の写真のワラでくるまれた、苗木のまとまりをコモといって、1つ当たりが100本入りです。

Img_5591

↑ 苗木は背負ってきます

この苗木を、苗木袋という専用のバッグに入れて現場に持ち込みます。バッグのサイドから、苗木を一本ずつ取り出せるようになっています。

Img_5600

↑ 植え付けの様子

そして、苗木は一定の間隔を保ちながら植えていきます。この時に苗木は真っ直ぐに、しっかりと根っこを地面に植えていきます。これが、いい加減だと根っこの活着が悪くなってしまい、ひと夏超えるころには枯れてしまいます(゚ー゚;

なので、丁寧かつ慎重に!

Img_5604

↑ 植えたばかりのヒノキの苗木

振り返ると、整然と植え付けられたヒノキが一面に広がっています。ここから、数十年に渡る手入れと管理を経て、木は大きく育ち一つの森になっていきます!

元気に育てよ~!

担当:田丸光起

2012年3月31日 (土)

天空の古民家…モノレールの巻

突然ですが、モノレールってご存知ですか?

電車の様な旅客車じゃなくて、ミカン畑などに設置されているものです。

最近まで、檜原村の藤倉という北秋川水系最奥の集落での、モノレール設置のための伐採を行っていました。

Img_5513

↑ またまた、青木社長の伐採の様子です(゚ー゚)

様は、モノレールの設置される計画線上に植わっている木を伐っていきます。

Img_5510

↑ モノレール

実際は、この様に設置されます。…で、なぜこのモノレールを設置しているかというと、この先にある藤倉の古民家が、この度修復され村の文化財に指定される予定なんです。

標高は773m!まさに、天空の古民家です!

Img_5547

↑ 大きな茅葺屋根と空

ん~、「空が近い!」と感じるのは僕だけでしょうか?

今は、だれも住んでいないですが、とても立派な民家です。

歴史と文化の深いこの民家を修復して保存するなんて、なかなか良い試みだと思います!

近くを散策すると、隣接する畑では、主のいない梅の蕾が、早春を伝えていました…

Img_5566

2012年3月25日 (日)

苗木を植えてます。

先日、お伝えした高尾山での間伐。その後の植え付けの模様もご紹介します。

間伐後に山に植える苗木は広葉樹が基本になります。 “色彩豊かな森事業”は、スギ・ヒノキを間伐した後に、広葉樹を植えるという事業。

広葉樹は、コナラ・ミズナラ・ケヤキ・イタヤカエデの4種です。

Ncm_0619

↑ 苗木を背負子に乗っけます

まず、苗木を山に運びます。そこで、便利なのがこの背負子(エバニュー)!背負子に苗木を6~8本積み込んで、両手に3本づつくらい持って、山に運び上げます!

この作業が、何気に重労働です(゚ー゚;

Ncm_0628

↑ 苗木の植え付け

で、もって苗木を所定の位置に植え付けていきます。

植えるといっても、畑とは違い山の土質は場所によってまちまちです。岩(がん)の多い場所や、水っけの多い粘土質な場所、腐葉土の多い場所。…なので、どこにでも植えられるわけではありませんが、いい場所を見つけて植えていきます。

また、樹種によって適地が異なるんです。特にケヤキは水の多い沢沿いで根を張りやすいそうです。

植えると言っても奥が深い!

と、この様にして、無事に約400本の苗木を植える事ができました!

…おまけですが、こんな写真も撮れました。

Ncm_0620

↑ 花粉のついたスギの葉

今年の花粉は少ないようですが、これからが花粉の飛散のピークの様です。花粉症の皆さんには、ごめんなさいです。

ちなみに、写真左の茶色い玉の様な塊は、杉の種が入った実なんですよ。松ぼっくりみたいなものです。花粉が、受粉してこの実をつけます。

植物だから、花粉はある程度仕方ないと思いますが、花粉症の皆さまは対策をしっかりとしてくださいね!

担当:田丸光起

2012年3月22日 (木)

高尾山にて間伐中!

今、チェンソーズは八王子市の裏高尾で間伐を行っています!

ここには、東京都の「色彩豊かな森事業」という仕事で入っています。もとあったスギやヒノキを伐って、ナラやカエデなどの広葉樹を植えるというもの。

では、伐採の様子をお伝えしま~す!

Ncm_0636

↑ 伐採しているのは、社長の青木さん

55年生くらいの杉。直径にして40cmほど。伐倒方向に向けて“受け口”を入れて、追い口を反対側から入れていきます。

Ncm_0635

↑ 木の根元 左が受け口・右が追い口

木が大きく、重心が右に偏っているので、追い口から「ヤ」と言って、クサビを打ち込んで木を起こしてやります。ちなみに、倒したいのは写真左方向です。

Ncm_0645

↑ 伐倒の瞬間?

木を倒すまでの一連の作業は慎重に正確に行うため、少し時間がかかりますが、木が倒れ始めて倒れるまでは、ほんの一瞬!倒れる瞬間を写真に収めようとしたのですが、少し遅くて、見事に倒れた後にシャッターを切ってしまいました(゚ー゚;

Ncm_0646

↑ 無事に伐採終了

切り口を確認する青木社長。

こうして、今日も東京の森の手入れに皆で汗を流しています!

広葉樹の植え付けの様子は、後日ご紹介します。こうご期待!

担当:田丸光起

2012年3月12日 (月)

原木市場って?

先日、東京都に唯一ある原木市場に見学に行ってきました。

Img_5483

↑ 東京都唯一の原木市場、多摩木材センター

原木市場って?…はて。と、思う方も多いと思いますが、原木市場とは山から切り出された木が丸太の状態で出荷・陳列・販売される場所です。

Img_5473

↑ ドドーン!木ばっかり!

この日は、月2回ある原木の競が行われる日でした。要は運ばれた丸太が、買い手の競(セリ)によって購買されます。

売り手ははいわゆる林業事業体で、買い手が製材屋になるわけです。ここで、山から出た木が製材屋に渡るんです。

Img_5477

↑ 陳列された状態

売られる木材は、主に“売り手”ごとにまとめられていて、その中で規格ごとにまとまった本数で売られます。良い木になると、1本ごとに売られます。

Ncm_0601

↑ 競の様子

で、競が始まると、声掛けをきっかけにどんどん、木の売買が進んでいきます。「ヒノキ30センチ、4メーター、3本!いい木だよっ!」と、声がかかると、周りの買い手が「1まん8せん」「9」「2まん」…「はい、2まん!他は?はい2万。」と、ここで落札!と、テンポよく競が進んでいきます(゚ー゚)

Img_5481

↑ スギ丸太

価格の基準ですが、基本的には樹種(スギかヒノキかその他)でまず、平均価格があります。それに加えて、太さ(細い方が基本的に安い)、長さ(長さによって使い道が決まってきますが、大体3mか4mが基本)、形状(真っ直ぐで、元と先で太さの違いの無いものが良い、曲りなどがあると安くなってしまいます)などの要素で決まってきます。

買い手は、それらの情報を瞬時に判断し、落とせる価格をそれぞれに口にしていきます。目利きができないと素人には決してまねできません(゚ー゚;

日頃は山仕事ばかりで山の中にいるので、とても勉強になった一日でした。山側の人間として、より評価の高い丸太を生産できるように、日々の仕事、木との向き合い方を今一度考えさせられました!

チェンソーズでも近い将来、ここに丸太を出しますよ!

担当:田丸光起

2012年2月16日 (木)

檜原発。枝の出荷作業!

最近、ヒノキとスギの枝が欲しいというお問い合わせをいただきました。なんでも、目黒にできるカフェの内装として、枝がほしいとの事でした。サイズは33cm×3.5cmで、皮を剥いた状態の枝が500本っ!

という事で、内職の模様をお伝えします(゚ー゚)

Ncm_0537

↑ 収集した枝の束。

これを、サイズに切って一本一本皮を剥いていきます。500本は、かなりの量でした。

Img_5447

↑ 人海戦術です。笑

鉈で、きれいに皮を剥いていくのですが、茶色い皮(樹皮)の下にもさらに薄皮のような白い川があるって皆さんご存知でしたか?

これも、きれいに剥くのが意外と大変なんです(゚ー゚;

Ncm_0540

↑ こんな道具まで出てきました!

これ、なんだかわかりますか?…そう、ピーラーです!笑 野菜の皮を剥くあれです。

なかなか便利です。でも、枝にある固い節にあたる度に刃こぼれが起きます。これではもう元の様に野菜の皮は剥けないかもです(゚ー゚;

Img_5451

↑ 奥は皮を剥いた、枝。

ご覧の通り、皮を剥くと、きれいなスッピンの枝の出来上がりです。

これを、カフェの天井に敷き詰めるとか。完成した店舗をぜひ見に行きたいですね!

担当:田丸光起

2012年2月 8日 (水)

フロンティアスピリット “桟橋” 設置!

前回の続きですが、桟橋をどんな風に作っていくかというと…

Ncm_0542

↑ これが、設置前です。

Ncm_0544

↑ 材料は現地調達でヒノキや杉で、できるだけ真っすぐで太さにムラのないものを使います。

Ncm_0547

↑ そして、皮を剥いた材料で枕木(地面に横向きになっている短い木)を土台として置いて、その上に長い木を枕木と直行するように設置します。

Ncm_0550

↑ あとは、渡した木の上にステップとなる丸太を釘で打ちつけて、完成です(゚ー゚)

Ncm_0555

↑ どうですか!!桟橋で悪路もこの通りです(゚ー゚)

…ただ、桟橋を作る時に難しかったのは、釘打ち。何せ5寸(15cm)もあるので、うまく打てなった釘はことごとく曲がって、抜くことも打つこともできませんでした(゚ー゚;

Ncm_0553

↑ みんなで、こっちにお辞儀してます。トホホ。

こうやって、山の中に森林管理の為の道を作っていきます。

登山道ではないので、普段お目にかかることは少ないと思いますが、この様な道が人工林の中には必ずあるんですよ~!

皆さん、くれぐれも探さないでください(笑)

担当:田丸光起

2012年2月 6日 (月)

フロンティアスピリット in TOKYO !

ただ今、昨年から続いている檜原村の最奥地の藤原という場所で、林内の歩道を整備する仕事をしています。

現場までの道のりは、先月降った雪がまだ解けずに残っています。しかも、朝晩の気温は寒い時で氷点下9℃(゚ー゚; …この日は手足が寒くて痛く感じたほどです。苦笑

Img_5406

↑ 出勤風景。これでも東京です(゚ー゚)

林内整備の仕事とは、簡単にいうと道を掘って作っていく仕事になります。…そう、土を掘るんです。…ん、雪が降るとどうなるの?

と、思った方は大体想像がつく思いますが…

Img_5434

↑ 山はこんな具合です。

そうなんです!雪が積もると、土が出てくるまで雪をかき分けなくては、道が作れないんです。真っ白雪に覆われた大地に、トンガ(土を掘る道具でつるはしの様)一つで道を人力で作っていくなんて、正に『開拓者』感覚です!

手塩にかけて、できた道はこんな具合です!

Ncm_0556_2

↑ 作りたてほやほやです(゚ー゚)

と、ここでちょっとクイズです。

Ncm_0542

↑ ここは桟橋を掛ける予定の場所です。

林内整備には、この様に道が掘れないので、桟橋を木で作ることがあります。

さぁ、皆さんなら、どういう風に作りますか??

担当:田丸光起

2012年1月30日 (月)

「焚火で暖をとる」の巻。

それにしても冷えますね(゚ー゚;

今日、1週間ぶりに積雪の影響で封鎖されていた現場に入りました。

気温、なんと-8℃!…もっていた水が自然に凍るほどです(゚ー゚;

Img_5411

↑ 出勤風景

積雪も広葉樹の場所で、25cm位はあります。

雪が足元に入ってこないようにしないと、足が濡れて凍えてしまいます。

この日は道作りの現場でしたが、半日ほど作業をして戻ってくると、足先がとても冷たく感じます。動いていれば体も暖かいのですが、作業の手を休めた途端に体の熱が奪われ始めるんです(゚ー゚;

そんな、時はやっぱり暖かくお昼休憩を取りたいものです。

…と、いう事で最近、ちょう場では火を熾して暖を取るようにしています!

Img_5428

↑ 焚火!! 「あんまり近づけるとソウルが溶けちまうぞ~。」

ちなみに僕は、着火にチェンオイルを使うんですが邪道ですかね?

オイルなんで、やっぱり燃えがいいです!手間いらず!笑

と、この現場お昼の焚火は日課になりそうです(゚ー゚)

Img_5419

雪と影が織りなす、モノクロの世界。

山は冬も美しいです。

担当:田丸光起

フォト

「若者だけの林業会社、奮闘ドキュメント 今日も森にいます。東京チェンソーズ」(徳間書店)

無料ブログはココログ