« 『氷瀑』 | トップページ | 原木市場って? »

2012年3月 8日 (木)

GPSとGISの活用

先月の終わりに、GPSとGISの講習会に参加してきました。

GPSとGISを林業において活用するための講習でした。

GPSとは、カーナビや携帯体電話にも搭載されている機能で、複数の衛星から現在地の緯度経度を測位する機械の事です。

これを使えば、山にいながら自分がどこにいるかが分かる優れものです(゚ー゚)

また、GISとはざっくり言うと地図です。ただ、いろいろな情報を地図の上に重ねて見ることができるので、例えば一つの山の中でも、山ごとに所有者さんや、生えている木の種類や林齢を視覚的に把握することが可能になります!

と、少し難しい技術ですが、これを機にマスターして、森林管理の手がかりにしたいと思っています。

1330643496325

↑ GPSの説明を受けてます

1330667491319

↑ 現場での活用方法をレクチャーしてもらっています

担当:田丸光起

« 『氷瀑』 | トップページ | 原木市場って? »

参加しました、見学会や講習会。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GPSとGISの活用:

« 『氷瀑』 | トップページ | 原木市場って? »

フォト

「若者だけの林業会社、奮闘ドキュメント 今日も森にいます。東京チェンソーズ」(徳間書店)

無料ブログはココログ