« 秋の足音… | トップページ | フォレストワーカー »

2011年9月14日 (水)

生き物フォト in 藤原色彩の森

「藤原色彩の森」下刈りにて、出会った生き物たちをご紹介します

Cimg1752

ヤマトフキバッタ

今回も断トツで数が多かったバッタ君たち! そいえばバッタは多かったけど、この現場ではあんまりカマキリを見なかったなぁ~。

Cimg1747

沢蟹

近くに沢が流れていたので、そこから登ってきたみたいです 隠れてるつもりだろうけど、バレバレですよ~(・∀・)笑

Cimg1750

蛇の抜け殻

最初、ビニール紐かなんかだと思ったんですが、脱皮した蛇の抜け殻でしたΣ(゚д゚;)

何蛇ですかね? 青大将っぽい気がしますが…残念ながら中身には出会えませんでした

Cimg1756 ザトウムシ

フタについたサクラデンブをひたすら食べてました(笑) こいつは山のあちこちにいます

Cimg1757

スミナガシ

言われてみれば、確かに炭っぽい!

Cimg1758

アサギマダラ

最近蝶好きなんだよね 飛んでるの見つけると、つい作業の手を止めてしまう(=´Д`=)ゞ 山の天使だね

Cimg1751

ムモンホソアシナガバチ(ヌカバチ)の巣

もう近づくのは恐いからズームで撮りましたよ 今年は本当に蜂の巣が多かったです(u_u。) この巣はちょうど苗木に作ってあったし、冬にはいなくなってしまうので壊さずにしておきました!

Cimg1749

コマルハナバチ

同じ蜂でもこちらは癒し系?笑 俺をまったく気にすることなく、せっせと花の蜜を集めていました 体が丸いから可愛く見えるのかもです!

Cimg1753 

アキアカネ(成熟したオス)

Cimg1754

アキアカネ(メス)

僕の中では、アキアカネが空を飛びかい始めると「ああ、秋だな!」と一番強く感じます(◎´∀`)ノ 夏の終わり、ちょっと寂しい気持ちにもなります。

たくさんの生き物に出会える夏が一番好きです 次回の「生き物フォト」もお楽しみに

担当:MATCH

« 秋の足音… | トップページ | フォレストワーカー »

山で見つけた発見」カテゴリの記事

コメント

ザトウムシ!
これ、ザトウムシって言うんですね?はあ、すっきり。
よく見かけます、不思議な生き物だなあっていつも感心していました。
弁当食べているとよく体に登って来ます。
あの糸みたいな、しかも体に比べて不自然に長い足がいったいどういうメカで動いているのか、不思議です。

まるたんサン、コメントありがとうございます!

そうなんです、あれザトウムシという虫なんです。
…一見、蜘蛛のようですが、足のように長い触角をもっているんです。
ちなみに、ザトウムシ自体、多くの種類があるので、はっきりと種を同定するのは、とても難しいんです(゚ー゚;

まぁ、無害なので見ている分には興味深い生き物ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生き物フォト in 藤原色彩の森:

« 秋の足音… | トップページ | フォレストワーカー »

フォト

「若者だけの林業会社、奮闘ドキュメント 今日も森にいます。東京チェンソーズ」(徳間書店)

無料ブログはココログ