« 秋の訪れ | トップページ | お試し、NEW アイテム! »

2011年8月28日 (日)

ゲリラ豪雨をやり過ごす

こんにちは。

最近は、季節の変わり目だからか、山では午後になると雲が広がり、どこかしらで「ゴロゴロ」という音が聞こえてきます(゚ー゚;

今、下刈りの現場に行っているのですが、場所は檜原でも標高の高い1000m位のところです。

遠くでなっている「ゴロゴロ」が、近づいてくると、冷たい風が吹き始めて、あっという間に雷雨になりました。

P8260015

↑ 小屋に避難。

幸いにも、近くに小屋があったので、そこで雨の勢いが弱まるのを待ちます(゚ー゚;

P8260013

↑ 小屋での様子。

結局、雨が収まる前にダッシュで、車まで戻りました。

雨の降り方が、極端に強かったり、ぱっと止んだり…この時期は仕事がはかどりません(゚ー゚;

P8260016

↑ 増水して、勢いよく茶色い水が流れていた『夢の滝』(檜原滝めぐりスポット)。

皆さんも、急な雷雨にはお気を付け下さい!

担当:田丸光起

« 秋の訪れ | トップページ | お試し、NEW アイテム! »

ちょっと知りたい山の仕事」カテゴリの記事

コメント

こちらでもこのところ夕立があります。
朝晴れていても午後だんだん雲が多くなって、ぽつぽつがザーザーに。

あ、来たな、と思っても、道具を片付けて車に戻るまでにはびしょびしょですが、
すでに汗でびしょびしょだからいいか、てな感じもします。

運がよければ作業終了後にザーっときたりもしますが、
おかげで山が乾く事がありません。
日が射していても森の中は濡れていて、ずるずるです。
おかげでヒルやアブやブヨやマムシたちは元気です。

はじめまして、atsuといいます。アメブロでコケのブログやってます。

BSの「森人」で東京チェンソーズさんの放送拝見しました。
とっても素敵な生き方ですね!あこがれます。

私は実家に裏山があり、最近、その裏山を整備(景観重視)しようと一人、構想を練っています。
年末から間伐作業の講習会も受けるつもりです。

今後、いずれ実家にかえるにさしあたり、青木さんのような生き方を一つのモデルケースとして参考にさせていただきたいと思ってます。

今後も林業で世の中を変えられるよう、がんばってください!!

まるたんサン、いつもコメントありがとうございます。

夕立は、初動が肝心になりますよね。
少しのためらいが、命とりです(゚ー゚;

でも、確かに雨に打たれてびしょ濡れになるのも、童心に帰ったようでいい気持ちな気もしますよね(笑)

でも、落雷には気を付けてください!
何せ、雷は山にいると、とても近く感じて少々怖いです。

atsuさん、コメントありがとうございます!

ぜひ、atsuさんのブログも拝見させていただきます!
「森人」見てくださってありがとうございます(゚ー゚)

これからも、チェンソーズ一同東京の山と共に、切磋琢磨していこうと思っています。

裏山の手入れ、考えただけでワクワクしますね!!
ぜひ、経過も教えてください。
何かアドバイスできることがあれば、お知らせください(゚ー゚)

こんばんは♪BSのテレビみました。以前林業の会社で事務をしていて
何度か山に入る機会があり、山が大好きです。
懐かしさに溢れ拝見しました。

今は全く別の職業に就いていますが、『山に戻りたい』を将来の夢に
日々生活してます。

お仕事での山は危険が常に伴って大変な仕事ですが、非常に重要で重労働で未来の為に働けて素晴らしい職業ですね!
おケガ等にはお気をつけてこれからも頑張って下さい!

遠くの空から応援してます。

atsuさん、こんばんは。コメントありがとうございます!
コケのブログ拝見しました。妻は日本庭園で庭師をしているので、今度教えておきます。鳳来寺山の傘スギ立派ですね!自分の興味はそこで終わるのですが、さらにコケに注目するとは、なかなかのマニアですね!
裏山の整備もがんばってください!応援してます。

ぽんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
林業会社の事務も複雑な事が多く大変な仕事ですよね!
自分は現場中心に動いていた人間なので、苦行に近いものがあります・・・。
また、山に戻れるといいですね!山って不思議と飽きないんですよね。
自然の不思議なところだと思います。
またコメントいただけると嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲリラ豪雨をやり過ごす:

« 秋の訪れ | トップページ | お試し、NEW アイテム! »

フォト

「若者だけの林業会社、奮闘ドキュメント 今日も森にいます。東京チェンソーズ」(徳間書店)

無料ブログはココログ