« HITOIKI | トップページ | 秋の訪れ »

2011年8月21日 (日)

BS日テレ 『森人』

こんばんは。

早速ですが、BS日テレの『森人』という番組にて、檜原村の森が紹介されます!そこで、僕たちチェンソーズも、森の語り手として紹介していただきました(゚ー゚)

放送は、8月21日と28日の18:00からです!

ご報告が遅れてしまいましたが、見逃した方はぜひ28日にご覧ください(゚ー゚)

Ncm_0129

↑ 撮っていただいた映像を、チェンソーズのみんなで見せてもらいました。

取材班の方々、足場の悪い中、カメラやマイクを持って懸命に僕たちの仕事の様子などを撮っていただきありがとうございました!

どんな風に紹介されるか楽しみです(゚ー゚)

↓ 詳しくはこちらを、クリック!

http://www.bs4.jp/morigin/ 『森人』公式ホームページ

担当:田丸光起

« HITOIKI | トップページ | 秋の訪れ »

お知らせ・ニュース」カテゴリの記事

コメント

森人見ました。間伐して空からヒカリがさしたあの時の「おぉ!」って気持ちなんでしょうね☆
きこりってイメージが斧なんですが、今でも斧は出番があるんですか?

森人見ました、二段伐りというか二段折りというか、あの伐り方やってみます。
あの炭焼き釜いいなあ、
檜原村行ってみたいです。

imaginさん、こんばんは。まだ、森人見れてないのですが、1本の木を伐採するだけで、光が差し込むことがあります。その瞬間にじめじめした陰湿な空間から、風が入る気持ちの良い空間に生まれ変わるのです。1本1本の木を大事に育て活かすことが仕事が林業ですが、その丁寧な施業の結果、環境にも優しい森づくりにつながると思っています。
斧ですが・・・伐採に使うことはありませんが、枝払いやクサビを打ち込む時などちょいちょい出番がありますよ!

まるたんさん、こんばんは。
ハスに伐って、折るやり方ですね!こちらの方は間伐の際、伐倒木を横にする必要があるため、あのような伐り方が多用されています。その結果、伐採木が等高線状に並んでいくようになるわけです。この伐り方には、きちんとした理屈があるのです。もし興味があるようでしたらぜひ檜原村にお越しください。
また、炭焼きに関しましては、完全に素人なのですが(半袖だったことでそれが分かると思うのですが・・・)、とても面白いです。ただ、撮影のときは一回目の窯入れだったので、大谷さん曰くまともな炭はできていなかったようです。2回目3回目と繰り返すことで、窯の温度が安定し、良質の炭ができるようになるみたいです。

森人みました。私はあきる野市に住んでるので、こうやって檜原の方の活躍が紹介されると嬉しいです。私も自然が大好きです!

青木さん!? 自分も青木です。
地元の方に応援していただけることほど頼もしいことはありません!
これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BS日テレ 『森人』:

« HITOIKI | トップページ | 秋の訪れ »

フォト

「若者だけの林業会社、奮闘ドキュメント 今日も森にいます。東京チェンソーズ」(徳間書店)

無料ブログはココログ